1. トップ > 
  2. 建設コンサルタント > 
  3. 技術紹介 > 
  4. 構造物の検査およびシステム管理

技術紹介

構造物の検査およびシステム管理

構造物管理システムの構築・検査台帳のデータベース化業務

維持管理に必要な、設計・竣工図書や補修履歴などの膨大なデータ検索・閲覧が簡単に出来れば ・・・というユーザーのニーズに基づき、操作がより簡単でやさしいデータベース管理システムを阪急電鉄と共同開発し(平成14年2月特許申請)、阪急電鉄土木構造物のデータベース化・更新などの管理業務全般を行っています。

  • [画像]構造物管理システムメニュー画面

    構造物管理システムメニュー画面

  • [画像]データ検索画面(条件設定)

    データ検索画面(条件設定)

土木構造物の健全度調査業務

高架橋・トンネル・鋼製橋梁などの各種土木構造物の全般(定期)検査業務を主体として、衝撃振動試験による橋梁下部工・ラーメン高架橋の健全度調査・診断、最新の3Dスキャン(三次元レーザスキャナー)によるトンネルや地下道の高精度変形計測、コンクリートの各種材料試験、電磁誘導法,電磁波レーダー法による鉄筋被り厚測定、自然電位測定による鉄筋腐食度調査など非破壊試験を含む土木構造物の詳細検査業務を行っています。

[画像]衝撃振動試験(重錘打撃状況)

衝撃振動試験(重錘打撃状況)

  • [画像]3Dスキャンによる地下道計測図

    3Dスキャンによる地下道計測図

鉄道構造物維持管理技術勉強会

ユーザーの要請に合った構造物データ管理支援システムの構築や効率的な検査実務を提案するために、技術や手法の開発に取組んでいます。

主に関西の大手鉄道事業者の構造物管理担当者を中心とした実務者を主体として、管理方法や最新維持管理技術などについて相互に情報を交換し意見交流するための会合を当社主催で定例的に行っています(平成10年6月~)。

・参加事業者:
阪急,京阪,近鉄,阪神,南海,名鉄,大市交,神戸市交,神鉄,北急,山陽
・主な検討成果:
コンクリート充填補修材料の特性検証など
(メーカー公表の材料特性の現地検証)

  • [画像]現地試験による材料特性検証

    現地試験による材料特性検証

検査機器の開発

これまでの検査実務のノウハウを活かし、より効率的な検査作業を実現するための検査ツールの開発(トンネル内空撮影支援システム※特許出願中)を行なっています。

[画像]トンネル内空撮影システム

トンネル内空撮影システム

[画像]トンネル内空撮影システム(システム構成)

トンネル内空撮影システム(システム構成)

技術紹介一覧

ページトップへ戻る