1. トップ > 
  2. 建設コンサルタント > 
  3. 技術紹介 > 
  4. 土壌汚染調査

技術紹介

土壌汚染調査

このようなケースでは土壌汚染調査が必要です
有害物質使用特定施設に係る工場又は事務所の施設の使用を廃止する場合
(土壌汚染対策法の対象となります)
3000㎡以上の土地で形質の変更を行う場合
(大阪府生活環境の保全等に関する条例の対象となります)
土地の売却・購入・証券化等において不動産鑑定評価を行う場合
(不動産鑑定評価基準における調査事項として、「土壌汚染等の地中の状態」が明記されています)
ご安心を得るためには土壌汚染調査が望まれます
上記に該当しない土地で形質の変更を行う場合
自社保有地の土壌汚染状態の確認・把握を考えている場合

土壌汚染の調査・対策の流れ

当社は、土壌汚染に関する調査・設計から土地利用/建築の計画・設計まで、総合的なご提案をいたします。

STEP1 概況調査
  • 資料等調査
  • 現地踏査
  • 表層土壌汚染調査(必要により)
STEP2 詳細調査
  • 深層土壌汚染調査
  • 地下水汚染調査
STEP3 対策方法の計画・設計
  • 汚染機構の解明
  • 浄化/修復の計画・設計
STEP4 浄化 / 修復工事
  • 封じ込め
  • 原位置浄化
  • 掘削除去
    ※提携工事業者にて実施
STEP5 モニタリング
  • 土壌モニタリング
  • 地下水モニタリング
土地利用 / 建設、計画・設計

技術紹介一覧

ページトップへ戻る