1. トップ > 
  2. 建設コンサルタント > 
  3. 技術紹介 > 
  4. 大店立地法届出

技術紹介

大店立地法届出

大店立地法届出に関する当社の対応業務

  • 01. 法手続きに関するコンサルティング

    豊富な経験をもとに、予めコンサルティングを行い、法手続きの要否、期間、物件別の課題等を整理し、
    効率的な進め方をご提案します。

  • 02. 関係機関との事前協議(都道府県・警察等)

    近畿を中心とした地域での豊富な経験をもとにスピーディで効率的な協議を行います。

    主な受託実績のある都道府県:
    大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、奈良県、和歌山県、三重県など
  • 03. 各種調査と予測
    1. 交通予測・評価
      (交通量調査、将来交通量予測、交差点飽和度計算、評価・対策検討)
    2. 騒音予測・評価
      (騒音レベル測定、騒音予測・解析、評価・対策検討)
    3. 廃棄物予測・評価
      (排出量予測、保管容量計算、評価・対策検討)
    4. 店舗実態調査(必要に応じて)
      (既存店舗の資料整理、実態調査など)

    対策の検討にあたっては、これまでの豊富な経験をもとに店舗設置者様の過大な負担とならないようご提案します。

  • 04. 新設(変更)届出書作成・届出
  • 04. 新設(変更)届出書作成・届出

    当日の進行方法や質疑対応についてもアドバイスいたします。

お問いあわせ・初期のご相談は、お電話にてお問い合わせくださいませ。
※お問合せ内容については、守秘義務を遵守いたしますので、ご安心ください。

Q.大規模小売店舗立地法とは

A.大規模小売店舗立地法の概要は、以下のとおりです。

【趣旨】
大規模小売店舗の立地に際し、店舗の周辺地域の生活環境の保全のため、店舗設置者に対して施設の配置及び運営方法について適正な配慮を求める法律です。 小売業の健全な発展を図り、国民経済及び地域社会の健全な発展、国民生活の向上に寄与することを目的としています。
【届出の対象】
小売業の店舗面積の合計が1000㎡を超える店舗
【届出事項】
大規模小売店舗立地法に基づく届出事項は、下図に示すとおりです。
[画像]大規模小売店舗立地法に基づく届出事項
【設置者の配慮事項】
店舗の設置者は、周辺地域の生活環境への影響を事前に調査・予測し、適切な対応策を示す必要があります。 具体的には交通、騒音、廃棄物、街並みづくり、駐車場の充実、歩行者の通行利便、リサイクル、防災など。
Q.届出の流れと期間は

A.届出の流れと期間は、下図のとおりとなります。

[画像]大規模小売店舗立地法に基づく届出事項

技術紹介一覧

ページトップへ戻る