プロジェクト紹介

西院駅バリアフリー化工事

阪急電鉄・京福電気鉄道嵐山線(嵐電)「西院」駅のバリアフリー化と、両駅の乗り継ぎ円滑化、そして、この地域に暮らす方々の毎日を支える施設の充実を図る本プロジェクト。その中で阪急設計コンサルタントは設計・監理業務を担い、土木・建築・設備・電気の設計のほか、工事中の安全確保や工期遵守、施工品質確保を実施しています。
2015年度の設計業務からはじまったこのプロジェクトはランフォート西院新築や阪急設備ビルの改修、嵐電嵐山方面行きホームの移設などを経て両駅の乗り継ぎ円滑化を実現し、現在も進行中。2020年度の完成を目指して、大きな役割を担っています。

阪急西院駅北改札口・ランフォート西院

鉄道各社、地域住民が
最小限の負担で済むように。

四条通・西大路通の幹線道路交差点内での工事や、嵐電線路近接での建物地下部の掘削のほか、阪急西院駅の冷房時期を考慮した工事検討など、阪急電鉄・京福電気鉄道・地域住民が最小限の負担で済むようなプロジェクト運営が求められました。阪急設計コンサルタントでは両鉄道会社との緊密な連携や調整、嵐電線路への影響を確認するための計測・現地調査を十分に行い、工事の影響を極力少なくした計画をご提案しています。

鉄道工事に関するプロフェッショナルが
その能力を存分に発揮。

設計段階で問題となったのは、構内エレベーターの設置場所。地上の交差点下に設置されるため道路構造令に準拠する必要があるとともに、道路構造とエレベーターのオーバーヘッドが干渉する可能性が生じました。そこでオーバーヘッドが最小となるメーカーを選定しながら、設置位置・高さを調整し、既設構内通路とはスロープにて寄りつくように変更。鉄道に関する土木・建築・設備・電気の技術者が多数在籍する阪急設計コンサルタントの総合力を発揮することができました。

阪急西院駅南改札口

これまで以上に十分な検討を行いながら、
プロジェクトを進行。

2017年3月に阪急北改札口、南改札口が供用開始し、嵐電嵐山方面行きホームも完成した結果、約250m程度地上部を歩く必要があった両駅間の乗り換えが雨に濡れずに行えるようになりました。今年度以降は阪急西院駅ビル改築が主な工事です。狭隘な敷地でご乗客を通しながらの南北分割施工がスタートします。阪急西院駅の主要な改札口であるためこれまで以上に切替検討を十分に行いながら、プロジェクトを進行していきます。

阪急西院駅北改札口