プロジェクト紹介

淡路駅付近
連続立体交差事業

阪急京都線と千里線が交差する「淡路」駅を含む全長7kmにも及ぶ線路を、地上から高架上へと上げる事業。調査や計画は1980年代からはじまり、1994年に都市計画が決定、1997年の事業認可や2008年の鉄道の認可申請を経て工事を着手、現在も未だ工事がつづくロングプロジェクトです。
阪急設計コンサルタントはその調査・計画段階から本プロジェクトの一員となり、概略設計や詳細設計だけでなく、測量や土質調査、各種協議への協力から現在は工事監理までを担当しています。本設の構造物だけで300近くの数にのぼるなど、鉄道構造物の設計は相当な数が必要となります。そのため現在でも現場の施工工程に合わせて順次、構造物の詳細設計を実施しています。

2層高架橋施工部遠景(淡路駅付近から梅田方望む)

プロジェクト独自のルールを定め、
安全で効率的な設計を。

大規模な構造物を設計する上で、安全・安心は当たり前。いかに質が高く、経済的な構造物を実現するかが大きな課題でした。その中で本プロジェクトにおける設計をさらに困難にしたのが、本設の構造物だけで300近くの数にのぼるなど、膨大な数と多岐にわたる構造形式があることでした。そこで阪急設計コンサルタントでは鉄道事業者や専門機関とも、繰り返し協議を実施。本プロジェクト独自のルールを設定するなどしてモデル化し、安全で効率的な設計を実現しています。

2層トラス桁

高い専門性を発揮して、
高品質な成果を提供しています。

プロジェクト期間が長いことに比例して設計期間も長く、その間に発生した阪神淡路大震災で耐震基準などの設計基準が大きく変更されました。新基準に適合させるためには、構造物が大きくなり、用地に影響が出ます。そこで阪急設計コンサルタントはSRC構造や高強度材料などを適切に採用。重要な箇所について当初の計画通りの用地内に収まる構造物にすることを叶えました。
鉄道設計は土木構造だけでなく、建築、電気、軌道など総合的かつ高い専門性が必要になります。阪急設計コンサルタントは阪急電鉄の機能分担会社として、各部署が専門的な知識を持ち、また連携して業務にあたることで顧客の意図を適切に設計に反映。さらに高い技術力を持つ多くの専門家と協同し、更に課題や問題点についても案を出し合うことで高品質な成果を提供しています。

直上高架施工機による営業線直上での施工風景

事業立ち上げ時からのメンバーとして、
今後もより良い提案と実施を。

詳細設計フェーズの峠を越えたこれからも個々の構造物の「安全」へのこだわりには変わりなく、基本に忠実に確実に設計を進めることが大切なミッションになります。公共交通ネットワークの整備を効率的に行うには、一連のプロセスを把握し、リスクを発見する力とそれを解決する力が重要。調査・計画から始まり、詳細設計、現場からのフィードバックと、プロジェクトの一連のプロセスに関わってきた経験とその成果は、今後の業務に対してもより良い提案を可能とし、また厳しく確実な照査ができると考えています。

千里線新神崎川橋梁(手前:旧橋梁 奥:新設仮線橋梁)

  • 崇禅寺駅付近 完成予想図

  • 下新庄駅付近 完成予想図

※ 本図はイメージ図であり完成時の外観デザイン等は今後変更されることがあります。